未就学児の習い事について徹底解説!

>

子供の習い事みんなはどうしてる?

子供の自己肯定感を育むものを選びましょう

お子様の習い事選びで大切にしたいのが、その習い事で自己肯定感を高められるかです。
自己肯定感とは、「自分には価値がある」「自分は愛されてる」と感じることで、自分自身の存在意義を認られるようになることです。
自己肯定感が強いと、物事に積極的に取り組めたり、失敗を恐れずいろいろなことにチャレンジできると言われています。
また、他者を尊重し、自分自身の感情を上手にコントロールできるのでコミュニケーション能力も高くなります。
自己肯定感を高められる習い事を選ぶには、まずお子様がやりたいものを選ぶことが大切です。
それによって、習い事へのモチベーションを上げるだけでなく、自分のやりたいことをやらせてもらえた安心感ももたらします。
そして結果だけでなく、そこまでの過程も褒められるものをぜひ選んでください。
そのことで、お子様の自信を伸ばしてあげられるからです。

長く続けるためにご両親ができることとは?

せっかく始めた習い事、できれば長く続けさせてあげたいものです。
それにはご両親のサポートが重要になります。

お子様のやる気を削いでしまうので、絶対にやって欲しくないことが、他の子やきょうだいと比べることです。
お子様自身の頑張りにぜひ注目してあげてください。

また、習い事の目標を一緒に決めましょう。
ただ漫然とやるのではなく、明確な目標があると、お子様も頑張ることができます。

そしてご両親もお子様の習い事に興味を持ち、ぜひ楽しさや難しさを共有しましょう。
お子様が習い事でどのようなことを学んだのか、どんなことができるようになったのかや、逆になかなかできないことなどを質問しましょう。
共有することで、ご両親もお子様の気持ちに寄り添えますし、お子様にも自分を見守ってくれているんだという安心感が生まれます。


TOPへ戻る